SANADA BUSSAN CO., LTD. - japan_1.jpg

​​安全への取り組み

当社は食品安全に関する社員全員のスキル向上を図る為、食品産業のための国際品質規格である「ISO22000」の認証を2013年4月に取得いたしました。
「ISO22000」は食品安全に関する技術的な手法である「HACCP」と経営の観点から確立された品質に関するシステムである「ISO9001」を融合した食品安全のためのマネジメントシステムです。
今後も食品安全方針に基づき、安全安心な製品づくりのため食品安全マネジメントシステムの効果的な運用・維持を確実に実行するよう努力してまいります。

 

​​食品安全方針

  1.食品の安全を第一と考え、必要なあらゆる措置を講じて「安心で安全」な製品を製造し、食品安全の確保と維持に努めます。                                                             
  2. 事業活動に関連する法令・法則を厳守し、食品安全危害の発生を防止します。                                                    
                                                    
  3. お客様のご意見を真摯に受け止め、品質の改善及び商品の開発に活かします。                                                    
                                                    
  4. 食品安全マネジメントシステムを構築し、維持し、更には有効性の継続的改善を図ります。                                                    
                                                           
  5. 意図的な食品汚染の防御(フードディフェンス)のための取り組みを推進します。                                                    

                                   

                                                     2021年 1月 7日
                                                    真 田 物 産 株 式 会 社

                                                 代表取締役社長  宮崎眞琴